新築・リフォーム:こだわり設計の由ホーム(岐阜県美濃加茂市)
設計にこだわった、一生満足し続ける家を施工致します。
設計事務所が建てる「こだわりの家」を是非ご覧下さい。
愛知/岐阜/美濃加茂/関/各務原/可児/坂祝を中心にサポート
更新履歴 リンク サイトマップ
 
トップページへ戻る
家創り日記
 
 
2019年10月8日 中津川市 F様邸
最近造作部分の作業が始まったので、行く度に新たな部分が完成していてワクワクします。

内部造作 内部造作 内部造作

建設前の打ち合わせ時に造作部分の詳細打ち合わせや絵など細かく図面にする事なくきていて、「現場打ち合わせ」と言われ、イメージだけ伝えてはありましたが「大丈夫なのかなぁ…ちゃんとキャットウォークとか作っでもらえるのかなぁ…」と内心不安に思っていました。それが最近現場打ち合わせをするうちに、その意味が分かりました。キャットウォークにしても棚にしても、とにかく実際の現場の様子を見ながら意見を聞いてもらえ、更に要望を聞いて頂けるのでありがたいです。

ベッドヘッドの部分に関してはサイズ変更があったにも関わらず、私が考え付かなかったアイディアや方法でとっても豪華な仕上がりになっていました!見た時に感激して、大工さんに「大満足です!!」と感想を伝えたら「そうかなぁ?もう少しカッコ良くしたかったんだけどなぁ…」という職人気質なお返事。腕のいい職人さんに作って頂きありがたく思っています。

社長さんは造作部分の指示を職人さんにしながら私と打ち合わせして、まるで自分のお宅を作るかのように「どうしたらよりカッコよく仕上がるか…」を常に考えてくれています。社長さん本人も、もっと良くなる方法を私に言った後に、実はそれをしたら時間や手間がかかる事を少々後悔しながら。(笑)

とにかく私が想像していた以上にステキな仕上がりになりそうで、完成を沢山の人に見て頂きたい気分です!
 
由ホームより
計画の段階ですべての部屋の展開図が描いてあり、それに沿ってお打ち合わせをすすめましたが、実際に現場で現物をご覧いただきその場でさらに細かくお打ち合わせをさせていただいております。

図面上その通りの寸法で造作しても、実際ご覧になった時にイメージと違っている場合も多々ありますので、そういったイメージや言葉の行き違いがないように、何度も同じお打ち合わせをさせていただくことにしております。同じような内容ばかりで大変申し訳ありませんが、快くお付き合いくださり感謝しております。

工事は造作が終了し、内装の仕上げ工事のほうに入ります。
 
2019年10月23日 加茂郡富加町 W様邸
内観 R垂れ壁 R垂れ壁家づくりが進んで、ほぼボードは完了している様子でした。図面段階で変更させていただいた洗面入り口と、パントリー入り口のR垂れ壁も形成してありました。現物を見ると、Rにして良かったと思います。

あとは子供部屋のクロス、建具のみというところでしょうか?最近はクロスが決まらず苦悩してます。

外観 外観 内観 内観
 
由ホームより
内部に関して、サッシ周りのケーシングを取り付けることによって建具全体が豪華に仕上がります。同じく、内装ドア枠もケーシングで装飾すると、サイズも大きく見えて豪華に仕上がります。少しアール(アーチ)をつけることによって柔らかさを表現することもできます。

クロスはお好きな柄をお選びください。W様のご趣味や嗜好を考えますと、どんな模様をお選びになってもそれほど違和感なく仕上がると思います。クロス選びはとてもお施主様の個性が出ますので私たちも仕上がりが楽しみです。
 
2019年10月17日 美濃加茂市大田町 I様店舗
9月末に美濃加茂市太田町にあるI様店舗の床張り替え工事をさせて頂きました。石畳のような落ち着いた模様にしたいとのことで、グレー系の石張り調のクッションフロアーを貼りました。詳しくは施工例のほうをご覧ください。

床張り替え工事 床張り替え工事 床張り替え工事
床張り替え工事 床張り替え工事 床張り替え工事
 
2019年10月8日 加茂郡富加町 W様邸
ユニットバス上半月ほど前にお風呂が設置されて喜んでいたのですが、最近は仕事の都合もあり、なかなか家を見に行けず、久しぶりに現場へ行くと家の中が激変していました。
内装 内装天井に壁のボード、床も貼られており、夢中で写真を撮ってしまいました。
 
由ホームより
ユニットバスは9月末に設置終了いたしました。お施主様のご希望で1622(1.25坪)の大きめサイズのものとなりました。

現場は現在、床材を貼り終え、壁の下地材(プラスターボード)を張っております。外部はお施主様施工のブリックタイルがほぼ張り終わって、目地を詰める作業に移っております。このあと外部は装飾材を付けます。内部は窓枠及びケーシングをつける作業に移ります。
 
2019年9月16日 中津川市 F様邸
先日現場打ち合わせに行った時に、初めて窓をはめ込む作業が見れるタイミングがありました。あぁ、こうやってはめ込んでるんだぁ…と感心しました。

本当は目に見えない家造りの部分をずっと見ていたいほど興味がありますが、大工さんの邪魔になるので長居はしないですが今回見れて嬉しかったです。

屋根がはられた時に大工さんの休憩時間にお邪魔して、疑問に思う事を教えて頂きました。屋根についている雪止めの事や、造作のキッチンの作業分担の話し等。家造りの知らなかった事が聞けて、とても勉強になりました。

外観 外観 内観
 
由ホームより
お施主様が工事中に現場に入りじっくりご見学いただくことが少ないと聞きますが、私どもはなるべく現場に足をお運びいただき、私や現場員とお話をしていただくようにしています。そうすることによって現場責任者の私だけではなく、現場員すべてにお施主様の人となりや仕上がりに対する想いが伝わると思います。

現在は屋根工事が終了し、外壁の仕上げ工事に入ります。内部は床、壁、天井の発泡ウレタン吹付が終了し、造作工事に入ります。
 
2019年9月3日 加茂郡富加町 W様邸
内部上棟から1ヶ月経ち、内工事も外工事も夏の暑い中で建築していただき、ありがとうございます。

現在は窓と玄関が取り付けされて、内部は断熱前の状態です。
内部 外観外部は屋根貼り付け&外壁のレンガ゙貼りが進んでいます。出来上がるのが待ち遠しいです。
 
由ホームより
W様、初投稿ありがとうございます!!工事は現在予定通りに進行しております。本日現在、内部は発泡ウレタンの吹き付けを行っております。

外部はスライスレンガタイルの貼り付け作業中で、外壁は下地造り、タイル貼り付けともお施主様ご自身が施工されております。とてもきれいに施工されており感激いたしました!!

工事はこれから内部の造作へと進んでいきます。
 
2019年8月24日 中津川市 F様邸
訳あって20代、30代、40代で輸入住宅を購入する機会に恵まれました。1回目、2回目はとにかく我慢せざるを得ないことが多かったですが、今回由ホームさんとの出会いでやっと私の望みを叶えて頂ける事になり、ワクワクしています。

由ホームさんに決める前には何度も何年にも渡り完成見学会に参加したり、アメリカへ行った時には友人の家を参考にしたり…と試行錯誤してきました。

今住んでいる家から利用できる照明やドアを取り外して持って行き、新居の方で使ってもいいとおっしゃって下さった事は、手間がかかるのに良心的な業者だなぁと感謝しています。

上棟 上棟 上棟
 
由ホームより
F様、初投稿ありがとうございます。これからも現場でのお打ち合わせのことや、ちょっとした疑問等、お気づきになったことを投稿していただけると嬉しいです。

輸入建材の定番のものやサイズはずいぶん昔から変更がありませんので(細かい仕様や金具類の変更はありますが…)、現在お住まいの建物で使用できそうな建具等を振り分けし、F様がご希望されるもののみ新居にも利用していただくことになりました。照明器具も比較的新しいものはそのまま利用していただきます。愛着のあるものはなかなか捨てられませんね…。

工事は現在、上棟がお盆休み前に終わり、外壁の構造用合板を張る作業に移っています。内部は、先行配管の作業中です。(写真は上棟時のものです。)
 
2019年8月20日 加茂郡富加町 W様邸
加茂郡富加町で新たに工事が始まっております。W様は昨年(2018年)秋ごろにモデルハウスをご見学いただき、その後少し時間をおいて昨年末ごろに再度ご連絡をいただき計画に入りました。平屋建てのアメリカンスタイルが基本ですが、外壁はサイディングではなくスライスレンガを全面に張ります。

内部は、全体は白を基調とした仕上がりになります。一部勾配天井を利用した吹抜けがあり、その多角形部分はLDKに配置しました。電気式ヒーターを使用されますので、造作でそれを収納できるカウンターを作ります。それ以外に大型のTVボード、洗面台など造作家具をたくさん配置します。

工事は7月下旬に基礎が終了し、7月の終わりに上棟しました。お盆のお休みを挟み、現在は内部は床組みを、外部はタイル貼下地取り付けを行っています。

基礎工事 基礎工事 基礎工事 基礎工事
上棟 上棟
 
2019年8月6日 中津川市 F様邸
中津川市で工事が始まっております。F様は私どものホームページよりご連絡いただき、最初にモデルハウスをご見学いただきました。最初にお会いしたのは2015年(平成27年)の7月でした。ご自身がこれまで輸入住宅にお住まいになっておられることから、次に建てる時も輸入住宅のことをよく理解している業者に頼みたいとおっしゃっておられました。

その後、完成現場のご見学を数件していただきました。お建てになる土地の関係やお住まいになられている住居の関係から途中少し期間が開きましたが、昨年(2018年)に「そろそろ計画を進めたい」とご連絡をいただき計画を再開させていただきました。

建物は2階建てで、外壁に樹脂サイディングを使ったアメリカンスタイルになります。ご自宅でサロン(教室)を今後開かれる予定があるため、中央玄関の左右でオープンスペースとプライベートスペースをゆるく区画しました。オープンスペースには大きな吹き抜けを設け、キャットウォークを壁面に配置します。南面の窓がある壁面全体を造作のベンチカウンターやオープン棚を設け、中央の窓を囲み一体化したような造作家具を作ります。

プライベートスペースには、LDKの中にアルコーヴソファースペースを設けます。壁一面の大きな造作TV台や、ワンちゃんやネコちゃんのための収納や作業のできるスペースなど、細部にわたり細かく打ち合わせをさせていただきました。

2階はプライベートルームと洗面、トイレ等のサニタリースペース、普通のユニットバスとは少し違ったデザイン性の高い半身浴付き大型シャワーユニット、お洗濯や収納スペースも兼ねた専用のワークスペース等、一般の住宅とは少し違ったプランニングをさせていただきました。

現在基礎工事が終わり、今週後半には上棟となります。

基礎工事 基礎工事 基礎工事 基礎工事 基礎工事 基礎工事
 
2019年7月23日 美濃加茂市加茂野町 H様邸改装工事
美濃加茂市加茂野町で改装工事が始まっています。H様からLDK改装及び玄関ドア取替、テラス新規取付工事のご依頼をお受けいたしました。

リビング工事前  リビング工事中リビングは断熱性能の効率を上げたいというご希望でしたので、既設の内壁を取り外し断熱材(グラスウールt100)を既設の断熱材に足しました。また、既設のサッシをそのまま利用し、内側にさらに樹脂サッシを取りつけて二重サッシとしてあります。(ペアガラスにするのではなく、既設サッシの内側にもう1枚サッシの枠が入ります。)

キッチン工事前  キッチン工事中キッチンは、既設のL型キッチンから対面のI型キッチン2400mmに取り換えました。これに伴い、キッチン全体の模様替えも行いました。
玄関工事前  玄関工事中玄関ドアはこれまで開き勝手が悪く使いずらいとのことでしたので、思い切って吊元を変えました。今回は断熱ドア、リモコンキー付きとしました。

工事は現在LDK全体のクロスを貼り終えました。これからキッチンの取り付け作業へと入ります。
 
2019年7月22日 関市 I様アパート改装工事
7月初旬から、関市内でアパートの改装工事が始まっております。鉄骨造の既存建物は1階が倉庫で、2階が3戸のアパートでした。今回の改装工事では1階の倉庫部分を3戸のアパート(1LDK)にして、それに伴い外観部分(外壁と屋根)をすべて作り変えます。2階部分に上がる外階段には壁を作り、外壁と同じように仕上げます。

外壁は既存のカラー鉄板の上に下地を作り、スイス漆喰を塗ります。屋根は既設の日本瓦からアスファルトシングル葺きに変えますので、外観に関してはヨーロピアン調の塗り壁の建物に変わります。

1階に新たに作るアパートには庭部分となるインナーテラスを作り、ウッドデッキ(樹脂製)を張って室内からほぼ段差無く外に出られるようにします。キッチンは2100mmの対面システムキッチンで、同じ長さのカウンター付きです。1616サイズのユニットバス(1坪タイプ)を取り付け、一般の戸建て住宅と変わらない造りとしました。

工事は現在、外部の下地造りの最中です。内部は天井下地が終わり、仕上げの床を張る工事に入ります。写真5ヶ所は、工事前(既存)部分と同じ角度で現在工事中の写真を並べてみました。

「工事前」
工事前 工事前 工事前 工事前 工事前

「工事中」
工事前 工事前 工事前 工事前 工事前
 
2019年6月26日 美濃加茂市蜂屋町下蜂屋 「Blancube HACHIYA(ブランキューブ蜂屋)」
自社アパートの看板 自社アパートの看板 自社アパートの看板本日、やっとブランキューブ蜂屋(自社アパート)の顔となる看板が取り付きました。

自社のもの…となるとどうしても後回しになってしまい、3月末完成でしたのに6月の終わりになってやっと取り付けが完了しました。

自社アパートの看板横幅90cmでそれほど大きいものではありませんが、駐車場入り口の塀についておりますので少しはわかりやすくなったかな…というところです。あまり派手なデザインにせず、モノトーンでシックに仕上げました。
 
2019年3月4日 可児市土田 T様邸
モルタル下地塗り2月4日から、モルタル下地塗りやガルバリウム、レッドシダーの施工が始まりました。
外壁 玄関念願の幅広のガルバが想像通り素敵に仕上がりました!!レッドシダーも大工さんが丁寧に施工して下さったおかげで、こんなカッコイイ玄関になりました!!
内部内装の方も進んでいて、だんだん部屋が出来てきました。床は落ち着いた色合いが良かったので、アップルモカにしました。光の当たり方で見え方が変わってお気に入りです!
愛犬スペース 愛犬スペースも造って頂きました。水とエサを置いたり、落ち着けるスペースになればなぁ〜と思っています。
キッチン キッチン上は、レッドシダーの下がり天井にしてもらいました。こんな素敵なキッチンで料理出来るのが楽しみです!!
 
由ホームより
よくガルバニウムはKスパンを使用しますが、T様邸は屋根と同じ平板を使用して幅広感を出しました。天井のレッドシダーもご希望のものを貼りましたが、とても豪華に仕上がり気に入っていただけてうれしいです。

愛犬スペースはトイレのスペースを一部削り、居間から出入りできるように計画しました。トイレ側は愛犬スペースの上部が小物収納スペースになっております。

工事はこのあと外部のジョリパット塗りに入り、内部は造作がほぼ完了する予定です。
 
2019年1月22日 美濃加茂市蜂屋町下蜂屋 「Blancube HACHIYA(ブランキューブ蜂屋)」
「12月25日」
年度内に外部の通気シート張りが完了し、内部のウレタン吹き付けも完了しました。内部工事はプラスターボード張りが進んでおります。

内部 内部 内部 内部 内部

「1月12日」
内部プラスターボード張りの写真です。界壁部分(アパート内お隣同士になる壁)には界壁用の断熱材を入れ、音の響きをなくします。1階、2階の境の天井部分も同様に断熱材を入れます。

内部 内部 内部 内部
内部 内部

「1月19日」
ユニットバスが入りました。外部はモルタル塗り下地のラスをほぼ張り終えました。1月末からいよいよ塗り下地に入ります。

内部 内部 内部
内部 内部 内部
内部 内部 内部 内部 内部

外観写真を角度ごとに工事の進み具合を並べてみました。

「12月25日」
外観 外観 外観 外観
外観 外観

「1月12日」
外観 外観 外観 外観
外観 外観

「1月19日」
外観 外観 外観 外観
外観 外観
 
2019年1月17日 可児市土田 T様邸
発泡ウレタン吹付け 発泡ウレタン吹付け発泡ウレタン吹き付けの現場を見てきました。「すごーーい!!」の一言でした!言う事無しです!隙間もなくびっしりと断熱材がモコモコに埋まっていて、断熱効果の期待大です。

コンセントや電気の位置など細かく打ち合わせをしているので大変ですが、じっくり考える事が出来て後悔の無い家造りが出来そうです。
 
由ホームより
発泡ウレタン吹き付けは、私どもは天井、壁、床下すべてに吹き付けします。ユニットバスの床下にも吹き付けしますので、家全体を魔法瓶のようにカバーします。

電気配線はウレタン吹き付け後に施工します。配線のお打ち合わせは3回ほどさせていただきましたのでほぼご納得いただけていると思います。

このようにこれからかかる造作のほうも細かくお打ち合わせをさせていただきたいと思います。T様も何度も現場のほうに顔を出していただき大変かと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
2019年1月10日 可児市土田 T様邸
上棟 上棟昨年末に見に行ったら、屋根もサッシも付いていました!!気になって毎日のように見に行っていますが、どんどん出来て行くのがとても楽しいです。

大工さんもとても良い方で、過程を丁寧に説明してくれて安心してお任せ出来ます。(^^) 自己満ですが、この時点で既にとてもカッコイイお家です♪
 
由ホームより
昨年末までに屋根及び外部の構造用合板を貼り終え、安心保障の構造の検査を受けました。サッシも昨年度中に取り付けを終えることができました。

今年度に入り現在はベランダの防水工事が完了し、連休明けの17日に断熱材の発泡ウレタン吹付を行う予定です。予定の日程通りに工事も進んでおります。

断熱材工事の後は内部造作にかかりますので、現場でのお打ち合わせも増えると思いますが(寒い中です…)どうぞよろしくお願いいたします。
 
2019年1月1日  
あけましておめでとうございます。美濃加茂市中部台に事務所(モデルハウス)を移転してから、すでに11年が経ちました。4年前には美濃加茂市蜂屋町に2棟目のモデルハウスもオープンすることができました。その蜂屋町のモデルハウスは現在ご入居者様が決まり、10月よりお住まいになっておられます。

現在そのモデルハウスの横に自社物件となるアパートを建築中です。昨年、小牧市でM様邸(アパート、カフェ、ご自宅一体の建物)を建てさせていただき、M様からいろいろとお教えいただきました。せっかく自社の土地(売地)があるのなら将来にわたってかかわることのできる建物を、しかも輸入住宅をこれまでたくさん建てさせていただいたノウハウがあるのなら、この地域にはない輸入住宅風のオシャレなアパートを建ててみようではないか…と社内で意見がまとまりました。

ちょっと広めの1LDKで1階に3室、2階に3室(ロフト付き)、合計6室のニューファミリー向け、または優雅に独り暮らしを楽しみたい方向けのアパートになります。外観は横に立つモデルハウスに合わせて壁をスイス漆喰塗り(一部樹脂サイディング張り)に、アクセントでグレーのレンガタイルを貼ります。アーチの壁や黒いアイアン手すりもふんだんに使う予定です。お洒落な女子に気に入っていただけるのではないかと思っております。由ホームは、今年はこういったアパート建築やリノベーション住宅(簡単なリフォームから新築と変わらない大規模な全改装)にも力を入れていきたいと思っております。

個人的なことですが、ついに私ども夫婦はジジババになりました。(笑) 併設の雑貨ショップ由・遊の店長で、由ホームの事務的な仕事も手伝ってくれる娘ですので、毎日孫に会えます。自宅でのお仕事も悪くはないですね。新しいことをたくさん始める1年になりそうです。皆様からのご意見をたくさんいただき、ジジババになってもさらに成長していきたいと思っております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。